悪いところにしか目がいかないのはなぜか?

昔と比べて今は高齢について悪い話題が多いです。それはニュースなどで悪い部分を取り上げることが多いからでしょう。まあこれは仕方ないことです。

しかしこれでは何もいいことがありません。もちろん悪い部分を知ることは重要ですが、誰もが歳をとることを考えるとやっぱりいい部分を伝えることが必要になってきます。

ではどう伝えていけばいいのか?簡単に考えられる対策としては高齢についていいことだけを取り上げたニュース番組を放送すること。これなら現在超高齢化の日本では注目度が上がるはずです。

もちろん現在そういったニュース番組が無いので注目されるかはわかりませんが、かなりやってみる価値があると思います。ただ、ニュース番組を作るとなると簡単に個人でできるわけではありませんね。

そこで考えたのは高齢についていい部分のみを取り上げたアプリを作ることです。これなら一人でもできますし、結構いい実験になるかと思っています。

悪い部分はテレビのニュース番組が全て取り上げてくれるので、それ以外のいい部分は全てアプリで取り上げる。これができればさらにテレビよりもインターネットに人が流れると考えています。

まとめると、「悪い部分を取り上げるのはテレビがやることであって、いい部分を知る場所も必要だよな?」ってことです。高齢になるのが怖い現在ですが、この怖さを全て希望に変えれた場合今までなかったすごいことが起こりそうです。

菅原優人 / Yuto Sugawara