ここの教育を強化したい。かなり重要

おはようございます。前は文章を書くことが苦痛でしたが、最近やっと書きたいと思うようになりました。今は動画で楽に伝えることができるのになんでこんなめんどくさいことやってんだ?慣れってすごいですね。

ということで1年前ぐらいからお金についての勉強をしているんですが、色々わかってきた事があったので今回は「お金」について書きます。

お金

今お金の流れはかなり悪いです。日本は少子高齢化や年金などの問題でお金を使わなくなってきています(特に高齢者は)。

今回はこのお金について「使わない理由」・「お金の信用」・「消費・投資」・「教育」に分けて自分が勉強したことを書いていきます。

お金を使わない理由

当然ですが、お金は使わないとなんの意味もありません。取引をしやすくするためにお金というものが生まれ現在に至ります。

お金が誕生する前は物々交換でした。肉を持っている人は肉を何かと交換し、魚を持っている人は魚を何かと交換します。このような物々交換には不便なことがありまして、それは「保存できない」ということです。

モノであればいつでも物々交換することができますが、食べ物の場合賞味期限というものがあります。この賞味期限を解決するためにお金という保存できるものができました。つまりお金は交換しやすくするための道具として生まれたわけです。

しかし、時代がたつにつれお金を持っている人が偉いという時代になりました。なので多くの人がお金さえあればなんでもできると思うようになり、取引するための道具だったはずのお金はそうじゃなくなっていきました。

そのため多くの人がお金は使うとなくなると思うようになり、使わなくなってしまっているんです。それよりもわかりやすいことでいえば将来への不安です。

最初に言ったように今の日本は少子高齢化で年金の不安があったりで使う人が減っています。みんな銀行にお金を預け、お金自体は余っているのですが、お金の流れは悪いんです。なのでお金を使わない理由としては将来への不安があるからということです。

お金の信用

続いてお金の信用についてですが、日本人はお金をめちゃくちゃ信用しているように思えます。実際1万円は2.4円で作られていますし、ただの紙切れです。ですがみんなお金は価値があると思っていて手放そうとはしません。

お金に信用があるということはすごくいいことですが、信用しすぎてただの紙と考える人が少ないです。高齢者が多いということもあり、「お金を貯めたほうがいい」という昔の常識が今でも残っています。

みんな固めまくっているのでお金が動かないのです。これでは全くお金の意味がありません。多くの人がお金自体に大きな価値があると¥信じ込んでいると思います。

お金の消費・投資

お金は時代によって使い方が変わります。今のおばあちゃん世代は生きていくためにお金を使っていました。昔は自由に使えるお金が少なかったのでほとんどの人が食費や衣類費などにお金を使い、お金を消費していました。

しかし今は昔よりも自由に使えるお金が増え、消費ではなく投資もするようになりました。学費もそうだし、仮想通貨もそうです。多くの人が投資しています。

投資をしている人が多ければお金の回りも速くなるのでいいのですが、今の日本は高齢化が進んでいて高齢者がかなり多いです。つまり消費はしていたが、投資をあまりしたことがない世代なので、お金を溜め込む人が多いんですね。

お金の教育

最後にお金の教育ですが、日本のお金教育は全くと言っていいほどしないんですね。小さい頃から親がお金に詳しくて勉強できればいいですが、ほとんどの人はお金の勉強をしません。

最近はお金の勉強ができる動画とかが出てきましたが、それもあんまり見られません。日本人はお金について話すことがいいイメージではないので、お金の教育も進まないわけです。

解決策はあるのか

ではお金の流れをよくするための解決策はあるのかと言うと実際ありますし、過去にやった人もいます。お金の流れをよくする解決策はお金に賞味期限をつけるということです。お金自体に賞味期限をつけることによってまず貯める人はいなくなります。みんな使わないと価値が下がっていくので使いまくります。そしてこれをすることによってお金の流れがよくなります。

実際に誰かがこれをやったのですが(誰かは忘れた)、銀行がなくなるということになりそれを反対する人が多くいたため、中止になりました。結局この方法もダメだったんです。

じゃあ何をすればいいかということを自分なりに考えたんですが、まずはお金の教育を進める事だと思いました。お金について知ることが多ければ多いほどみんなお金の本質を理解できるので今現時点でできることはこれだけかなーと思います。

なんかないかね

今回はお金について書きました。お金を一言で言うなら「道具」です。「お金は道具なので使いまくろう!」と言いたいところですが、こんなことを言ってもみんな使うことはないので、なんかいい解決法はないかなーといつも考えています。

卒業式に親が参加できないと言う自体になっていますが、これはしょうがないとしか言いようがないですね。流石に体調が1番優先なので、卒業式は諦めなければなりません。これもなんかいい解決策はないのかね。

卒業生おめでとうございます。

それでは✋

菅原優人 / Yuto Sugawara