生活保護はこういう感じでした。もういらないと思いました

おはようございます。今日は市役所に連絡をして市長に会おうとしています。今後近いうちに会って色々話したい。

今回は改めて外見だけじゃ気づけないことがあるなと思ったのでそれについて書いていきます。内容は生活保護です。

この記事で菅原の中にあったなぞが1個無くなりました。ではどうぞ。

内側はわからない

1年前ぐらいに「どうしたらホームレスを0にすることができるか?」を考えていてとにかくホームレスについて調べまくったんですね。

調べるとホームレスは東京・大阪に多いということと、ホームレス自体は毎年減っていることを知りました。そして思ったのが「なぜホームレスは生活保護を受けないのか?」ということ。

その時自分は「生活保護を受ければホームレスではなくなる」と思っていました。なのに未だにホームレスの人がいる。これは一体なぜなんだと思い調べたのですが全く出てきませんでした。

そして最近たまたま昔ホームレスだった人からメッセージが来まして、ついに生活保護の正体を知るわけです。

受給者側

自分は彼に対して「なぜホームレスなのに生活保護を受けないんですか?」と聞くと、「生活保護を受けたいけど受けたくない」と言われました。

は?」となったんですが、話を聞き続けると受けない理由がわかりました。

どうやら生活保護担当者の態度が悪いらしいです。生活保護を受けようとするも「早く働け」や「何やってんの?」など上から目線で言われるため、受けたくないらしい。

もちろん働けるなら働きたいと思っている人は多くいるはずです。しかし担当者の態度に腹が立ち「もういいや」となるわけです。

これを聞いて「生活保護が成り立っていないのは全て担当者の責任だ!」と思い生活保護の担当者について調べました。

担当者側

すると面白いことに(面白いといっていいのかわからないが)担当者側にも多くの不満がありました。

担当者側の不満は「働きたいと言うわりに全然働かない」だったり、「遊んでばかりいる」だったり。

担当者側の気持ちも理解できてきました。そりゃ上から目線で言いたくなりますわ。

もちろん人によりますが、どちら側の立場としても悪い印象がついています。

助けるための生活保護だったはずが、いつのまにかそうではなくなっていたわけです。やっぱり外から見ているだけだとわからないことが多くあります。

これをきっかけに改めて外見だけではわからないものもあると思いましたね。

生活保護は必要か?

ではどうすれば生活保護を生活保護として使っていくことができるのか考えたのですが、「もう生活保護いらなくね?」と思いました。

いやそしたらホームレスはどうなんの?」って話なんですが、個人的には生活保護の代わりにベーシックインカムを導入して欲しいと思ってます。

生活保護を自分が受ける、若しくは担当すると考えたときにトラブルは嫌だなーと。

生活保護が生活保護になっていない1番の理由はここですね。人間関係が一番大切です。

それならもう人間と関わるのは辞めて、「毎月国民全員にお金を配れるベーシックインカムの方がよくね?」って感じです。

ベーシックインカムの場合は生活保護のようなトラブルはまず起きません。配る側としてもただ配っているだけでいいので楽らしいです。

外からではわからない

このようなことを知ると何に関しても自分が関わったことがないことはよく調べる必要があると思いましたね。

みんな知っているように思えても全然違っていたりするので。

というわけで

1年越しに生活保護の正体を知り、もう辞めてよくねと思った話でした。昔考えていたことが分かると面白いなと。まあすぐに知れるのが1番良いんですけどね。

明日も新しいことをやります。(まずは市長に会う)

菅原優人 / Yuto Sugawara