"ながら"は面白い。ラジオも良いよね

YouTubeではラジオをやっているんですが、もうそろ顔出ししないと時間がないかなーと思いました。

なのでYouTubeに超短い動画をアップし始めました。インスタのストーリー感覚で動画を撮っています。

今回は「なぜYouTubeでラジオをやっているのか」ということに関してちょっと書いていこうと思います。暇を潰したい人は使ってくださいな。

音声
結論から言いますと、ラジオをやっている理由は「時間を奪わない」・「耳が1番いい」という2つの理由です。

まず1つ目の「時間を奪わない」ということですが、これは「ながら聞きできる」ということです。YouTubeは動画が中心の媒体ですが、最近は動画だけではなくなってきたように感じます。

というのも自分は動画を再生するんですが、映像は観ないんですよね。つまりここ何年かで「動画を再生してるけど映像は観ない(音声だけ聴く)」という人が増えたと思います。

なのでYouTubeには「映像を観る人」と「映像を観ない人」の2種類の人がいるわけです。それでもって多くの人が動画をやっている(映像を観ないと理解できないものをやっている)ので、自分は逆に「音声だけを聴く人」を対象にしたらどうなるのか実験しています(再生回数とか)。

動画には強みがありますが、音声にも強みがあります。動画の場合は音声だけのものに比べて確実に面白くなっていると思います。それが動画の強みなのかなーと(他にもあります)。

音声の強みはさっきも書きましたが、「作業しながら」だったり「寝ながら」だったり、自分(聴いている人)の時間と両立することができます。これが音声の強みです。

これが1つ目の「時間を奪わない」です。

次に2つ目の「耳が1番いい」ということですが、これは人間が1番情報を取りやすいのが耳ということです。

人間には五感(嗅覚・聴覚・触覚・味覚・視覚)がありますが、この中で1番情報を取りやすいのが聴覚なんですよね(バカなりに勉強しました)。

なので本当に聴覚が1番情報を取り込みやすいのか調べたいんですよ(自分が聴いて調べればいい話ですが)。

ということでこれが2つ目の「耳が1番いい」ということです。

もっと音声の強みをいうなら「文章にもできる」ということですかね。前にもどっかで書いたのですが、ラジオの場合文章(記事)にすることができます。

逆に文章はラジオにすることができます。これはかなり強いです(動画の場合文章にするとつまらなくなります)。

音声は音声のみでは終わらないので次につながります。これは使えるなーと思いSpotify・YouTube・REC・anchor・radio toke・sutand.fm・Spoonに音声をアップしています(今はSpotify・YouTube・REC・anchorだけです)。

っていう感じでYouTubeでラジオをやっている理由を書いてみました。皆さんが使えそうなら使ってください。

すげー「動画はやらない」みたいな感じですが、今後は動画もやっていきます(最初はストーリー感覚で)。

最近は家の中に閉じこもりすぎて体がおかしくなってきました。ニュースで見たんですが、どうやら家にいすぎると精神がおかしくなるようです(鬱になりやすくなるらしい)。

外出といわない程度に外に出た方が良さそう。ということで散歩してきます。

皆さん今日もいい1日にしてください。楽しんでいきましょう。それでは今回は終了でございます。じゃあね。

菅原 優人 /Yuto Sugawara
動画でも実験しています。 菅原優人のtwitter https://twitter.com/yutosugasuga 菅原
www.youtube.com

菅原優人 / Yuto Sugawara