多くの人は3つ目のやり方を忘れてる。裏技が1番効率いいかも

こんちゃ。昨日は生放送ラジオでした。昨日も色々話したんですが、めちゃくちゃグダグダになってしまったんでこの失敗を次に活かしまーす。失敗最高。

何を書こーかなーと考えてたらポテトチップスの話を思い出したんでそれについて書いていきます。

3のやり方

この前いとことカード付きのポテトチップスについて話してました。内容は「子供ってカード付きのポテトチップスを買うときレアカード当てたいからカード入ってる袋触って感触で当てるよな」です。

確かにそうだと思いました。自分も小さい頃なんかしら裏技的なことをやってましたわ。カードの袋触って全て当たるってことではないですが、なんかわかる時があるんですよね。

これを改めて知った時に「何事にもやり方が3種類あるかもしれない」と思いました。

カード付きのポテトチップスでレアカードを当てる場合、1つ目のやり方は一袋買ってレアカードを当てる。2つ目のやり方は何袋も買って(確率を高くして)レアカードを当てる。

そして3つ目がカードが入っている袋を触って当てる方法です。自分の経験上この三つ目のやり方が1番早く目的にたどり着きます。

1つ目と2つ目のやり方は多くの人が知っています。ですが、ほとんどの人は3つ目のやり方を知りません。

これは誰か会いたい人がいた時とかもそうです。会いたい人(有名人とか)がいる時今の時代ならほとんどの人が1つ目のやり方のメールか2つ目のやり方の電話を選択します。

もちろんこれでも会えることはあるんですが、これらよりも相手の心に刺さるやり方が3つ目だと思うんです。その3つ目は手紙。

インターネットを使うようになった今だからこそ手紙というもの自体の価値が上がってます。今誰かに手紙を出せばきっと喜んでくれることでしょう。

時代がどんどん進み、便利なものが増えていくからこそ時代が進む方向の逆に行ってみるのも良いかもしれません。もしかすると何に関しても3つ目の方法は時代を遅らせることかも。

ってことでまとめると、何事にもやり方が3つあると思ったっていう話です。多くの人は1つ目と2つ目を選ぶんで、皆さんは3つ目を選んでみて下さい。

自分もいつもなんかする時は3つ目を探してます。実際それでラジオとかテレビも出れたんで、今後もやっていきます。

ということで今回は終了です。午後も楽しんでいきましょう。それではまた。

菅原優人 / Yuto Sugawara