おはようございます。いや、もう夕方ですね。朝書き終わるつもりだった記事を書き終わらなかったので今書いてます。

今日は寝てません。っというのも、いとこと「夢」について話していたら夢中になっていつの間にか朝になってました。

自分が今後やることは「ドームでライブ」です。これに向けて本気でやっていこうと思います(まじで頑張らないとまずい。まじで人生賭けます)。

「東京ドームでライブやるぞ!」っていう目標ははっきり言ってあっても無くでもても人生に支障はありません。

けど自分の場合は目標がないと全く楽しくないのでどうにかしてこれを達成させてやろうという考えです。

野球を10年間やっていたんですが、自分からすると「東京ドーム」が第二の甲子園です。甲子園に行けなかったからこそ次こそは東京ドームにいこうと思います。

命を音楽に使います。

ってことで今回は「頑張らないといけない」ってことについて書いていこうかな。

もう言い訳ができない

自分はほとんど怖いものがありません。けど、昨日いとこと話してて一個だけ「これは怖いかも」と思ったものがありました。

それは「もう言い訳ができない」ってことです。

今まではずっと目標がありました。幼稚園の時は警察官、小学校の時はプロ野球選手、中学校の時は甲子園、高校の時も甲子園です。

そして今「東京ドームでライブ」という目標があります。

今までやっていた野球の場合、年齢だったり体格だったりがかなり関係していたんで、プロになるには運も必要でした(スカウトが来たときに打ったり)。

しかし、これから自分が挑んでいくのは全くと言って良いほど運が関係していません。

音楽の場合、能力だけでなくファンが必要なので、はっきり言っての能力がなくてもファンがいればいいということになります。

そうなると、今まで自分がやっていた野球よりも、少しはやりやすくなるんですが、その代わりに多くのファンをつけないといけないんです。

ファンをつけるには「性格」とか「見た目」とかそれこそ「歌」とかが超重要です。

今までの野球は完全に能力勝負でしたが、音楽は能力以外のところも鍛えないといけないということになります。

なのでとにかく頑張らないといけないってことですね。頑張ります。

今回は以上です(終わり方)。

菅原優人 / Yuto Sugawara