導入してほしい。どうなるのか

働く人が減るから導入されない

ベーシックインカムを知っていますでしょうか?

ベーシックインカムと調べると、「最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策」と出てきます。

何もしなくても国民全員がお金をもらえるということです。そうすることにより、誰でも最低限の生活はできることになります。国民はこうなることを望んでいます。

しかし未だにベーシックインカムは導入されていません。それは一体何故なのでしょうか?今回はその理由を簡単に説明したいと思います。

理由はいろいろなものが多くあるのですが、一番わかりやすいものとしてはみんな働かなくなるからという理由です。

働かない人は確実に増えます。多くの人が働かなくなった場合どうなるのかを簡単に言うと、国が成長しなくなるです。

つまり、みんな楽をする=国が成長しないということです。僕自身は「働く=遊び」だと思っているので、自分自身が好きで成長できることであれば働き(遊び)まくりたいですが、どんな業種でも働くことが嫌でやりたくないという人もいます。

そのような人が多く出てきた場合、国が成長しないということです。
ですので今現在ベーシックインカムは導入されていないのです。

とりあえず導入

これらを知った上で僕の意見は導入してほしいです。
もちろん僕は働くことが好きな方なので、楽をしたいから導入してほしいというわけではありません。国のために導入してほしいのです。

ベーシックインカムを導入することによって救うことのできる人が増えるのです。現在ホームレスは少しずつ減少していますが、解決しているわけではありません。そういった人たちのことを一番に考えるなら、ベーシックインカムを導入することが一番いいのです。

生活保護などもありますが、現在解決していないという結果が出ているので、まずはベーシックインカムを導入しなければ新たな結果は得られないのです。ベーシックインカムを今後導入するにしてもしないにしてもまずはやらなければいけないことだと僕は思っています。

失うものはあるけれど、得られるものもある

ベーシックインカム導入した場合に起こる問題は多くあると思います。しかし、やはりいい部分もあるのです。

お金が入ってくることによって結婚する人が増え、少子化がなくなるかもしれません。はっきりいって多くの人の予想はあっているかわかりません。とにかく導入しなければいい結果になるのか悪い結果になるのかもわからないのです。

ベーシックインカム導入して。。。

菅原優人 / Yuto Sugawara