これは能力でした。1からやり直します

おはようございます。記事を整えていたら、フォルダがとんでもないぐらい多くなりmacが動かなくなりました。appleさんこれぐらい耐えられるようにしてください。

ということで、今日の朝半年分のメモを失ってしまいました。自分はいつもそこらへんにあるものや、人、動物から学んだことを毎日メモとしてiPhoneのメモアプリに書いているのですが、間違えて消してしまいました。これに関してもappleさんどうにかしてください。

ただ単にメモをして終わるのではなく、前に書いたものを振り返りとしてみていたのでかなり大きなものを失ってしまいました。

まあそんなことを言っていてもしょうがないので今後は消さないようにしようと思います。

メモは財産

今回無くしたメモはかなり重要なものだったのですが、具体的にどう重要だったかというと色々理由が出てきます。この記事を書くためにネタ帳としても使っていたし、友達とメモを共有したりして色々勉強していました。

始める前ははこんなに重要なものではなかったのですが、今になっては大切な財産になりました。なので今回はメモをして成長できたことを書いていこうと思います。

自分がメモとして書く内容は「なんでこうなんだ?」という疑問だったり「これは面白い」といった感情だったりです。

前はこんなことを書いてもなんの意味もないと思っていたのですが、今は意味があります。

自分たちの日常には普段当たり前になっていることが多くあるんですね。そのため貴重なことでも当たり前に感じてしまって、見落としているものが多くあります。

例えば最近笑ったお笑い番組でも少し時間が経つと忘れてしまうことがあります。まあこれが悪いとかそーゆーことではないですが、この「なんで笑ったか?」ということをメモとして書いていくだけで多くの発見ができるんです。

「これはこーゆーツッコミがあったから面白かった」とか「”間”が面白かった」とか色々出てくるわけです。

これらの感情は自分に活かすことができます。ツッコミでいうなら「遅いテンポの中で素早いツッコミが出てきたから面白かった。これを自分自身に活かして”周りの人が遅い時こそ自分は素早くやろう」とか。

素早くやるというのは人それぞれなので、何を素早くやるのかは自分で決めるんです。

こーゆーことをするようになってから人だけでなく物からも自分自身の能力としてコピーすることができるようになりました。

どんどん新しいスキルを身につけている実感があるのでほんとメモはおすすめです。

今回は個人的に重要にだったメモをなくしたわけですが、無くしたメモを言い換えれば他人の能力です。

ただのメモではなく多くの能力が書いてあったものなんでこれからは気をつけよーと思います。

今日は雨ですが、自分は雨が好きなんで楽しんでいきたいと思います。

それでは✋

菅原優人 / Yuto Sugawara