「メモを取ってその内容を転用することは意味ある?」「転用ってどうやるの?」

そんな疑問に答えます。

✔︎ この記事の内容

転用することの重要さを説明

 

結論から言います。

転用することはかなり重要!

メモをすることや転用することに出会って人生が変わりました。

そこで今回は!

僕自身転用する転用することを習慣にしてみた結果かなり学ぶことがあったのでそれらを紹介します。

 

「まず転用って何?」と言う疑問に答えます。

転用というのは何か周りの情報を得て自分自身に活かすと言うことです。

例えばディズニーランドで考えてみます。

ディズニーランドに行ったことがある人はわかると思いますが、パーク内に入る前すごく並びます。

並ぶ人が多いにも関わらず入場ゲートは多くないんです。

ディズニーランドの入場ゲートはめちゃくちゃ狭いんですよね。

しかし、ここには理由があります。

どういう理由があるかというと、パークに入った後の開放感を大きくするためです。

あなたも思ったことはありませんか?

パーク内に入る前長い時間並んで疲れが出てきたけど、入った瞬間にその疲れが吹っ飛び早くアトラクションに乗ろうと急いだ。

このような行動をとったことがあれば、完全にディズニーの仕掛けにハマってますね笑

さあここからが転用です。

さっきも言ったとうり、周りから得た情報を自分自身に取り入れます。

ここでいう周りとはディズニーのことです。

ディズニーから得たのは最初の部分をキツくすることで後半を楽にするということです。

※今回は最初はキツく後半は楽にと考えましたが、ここは自分なりに自由に考えてOK

そしてこれを自分自身に取り入れます。

取り入れようと思ったのは

勉強や自分がやりたくないことをするとき

初めはキツイところから始めていって

その後徐々に楽になっていくようにするということです。

※ここについても自分なりに考えてOK

 

このように、他の場所から得たものを自分に活かしていくのが転用するということです。

わかりやすかったですか?笑

わかりにくければ僕が大好きな本、

前田裕二さんのメモの魔力を読んでみてください。

ビジネス書ですがすごく面白く、ためになり、感動もします。

 

 

ここからは僕がこのような転用をやり続けて学んだことを話していきマウス。

学んだことは大きく分けて3つです。

  • 自分が成長する
  • 細かいことに気づける
  • なんでも新しいアイデアになる

✔︎ 1つ目の自分が成長するはそのままの意味です。

どれだけ意味のない内容でも転用しようとするだけで成長できます。

転用することを習慣にするだけで意味があるということです。

なので初めは内容を気にせず自分のやり方でとにかくやり続けることをオススメします。

✔︎ 続いて2つ目の細かいことに気づけるです。

転用するにはとにかく自分が普段気づかないような部分に集中する必要があります。

そのため今まで気づけなかったことに気付けたり、

当たり前すぎて知らなかったことなどを知ることができます。

当たり前の日常には多くの発見が含まれていることがわかりました。

✔︎ 最後はなんでも新しいアイデアになるということです。

転用しようとしていると次に自分がやりたいことがわかったり、

「これ面白いからやってみよう」となります。

過去に自分が転用したものが今役に立つことだってあります。

とにかく転用しようとし続けることで

今まで思い浮かばなかった新しいアイデアがどんどん生まれてきます。

転用していくにつれて多くのアイデアを生み出すことができるので本当にオススメです。

 

ここまで転用することの重要さについて書いてきましたが

僕が一番面白いと思うのは

人によって考え方が違うということです。

さっき例で出したディズニーの話でも人によって考え方が全く違います。

僕は数学のように答えが決まっているものよりも

人によって答えが違うものがすごく好きなんですよね。

答えがないものこそ自分に合った最高の答えが出せると思ってます。

多くの人の考え方を知るのも面白いのでやりがいがあります。

結構長くなりましたがまとめると

「転用しまくれ!」ってことです。

この転用する習慣をつけて

新しい自分になってください

以上。

菅原優人 / Yuto Sugawara