人生の主役は自分

1度は思ったことないでしょうか?「人生は一体なんのためにあるのか?」と。「死ぬのになぜ生まれてきたのか?」と。

私はすごく考えたことがありました。人生について考えれば考えるほどわからなくなっていきます。
しかし私は自分なりの答えが見つかりました。

それは楽しむということです。誰でも思いつく当たり前のことですが、結局楽しむ以外何もないのかもしれないと思いました。

好きなことをしないで人生が終わるのと、好きなことをして終わるのではもちろん後者の方がいいと思います。

なので私は人生=笑と考えました。どれだけ辛い時でも面白い番組は面白いです。どれだけ辛い時でも好きなことをやる時間は最高に楽しいです。

こう考えていくと人生に本当に辛い時はないのではないか?と思い始めました。本当に辛い時はもう人生終わらせていますからね。

そしたら生きているうちはとにかく楽しいことをして生きるべきなのかもしれないです。いつ死ぬかわからないから今日を本気で生きる。それでいいのかもしれないです。

一人一人好きなことを今この瞬間にやっていた方がいいと思います。未来は何もわかりません。それなら未来なんか何も考えず今この瞬間を楽しく生きていこうと思えます。

こんなことを書いていたらすごく楽しくなってきました。いつ死ぬかわからないなら今を本気で生きよう。

いつかは死ぬんだから挑戦しよう→失敗しても死ねばいい→死ぬと思ったらなんでもできる

この繰り返しは最強です。

改めて思うことはやはり人生の主役は自分自信以外の誰でもないこと。
自分の物語を創っていきましょう。

菅原優人 / Yuto Sugawara