時間を長くする

この記事では時間について考えていることを書いていこうと思います。

皆さんは「時間経つのが速い」と感じたことはないでしょうか?

小学校6年間が終わってみれば早かったり、嫌なことをやっているとき時間が長く感じても終わると短く感じます。

これは年齢によって違いますが人間はみんな時間が経つのが速いと感じてしまうんですね。

毎日スケジュールが入っているのにも関わらず終わった後は一瞬に感じます。

時間の速さは年齢が上がるにつれ、速くなっていきます。

速い方がいいという人はいますが嫌な人はどうすればいいのでしょうか?

よく聞くのは今までやったことのない新しいことをやるだったり、毎日違う生活リズムにするだったり。

確かにこれらをやることによって少しは体感時間を長くすることができるかもしれません。

しかし自分の目的は「高齢になればなるほど楽しい」なので高齢の方を対象としています。

高齢の方を対象とした場合新しいことをしたくてもできない人がいたり、毎日違った生活をすることができない人もいます。

もちろんできる人も多いですが。

年齢が上がるにつれてできないことが多くなっていくとどうしても体感時間を長くすることができません。

どうにかして高齢の方の体感時間を長くできるものを作りたいのですが、そんなに多く思い浮かびません。

(何個かわかったこともあります)

今は高齢の方の体感時間について考えている状況でして、出来るだけ速いうちに形にしようと思っています。

時間についてアイデアがあれば是非教えてください。

2月から3月までの1ヶ月間は毎日日本の問題についての勉強をしていきます。

かなり濃い1ヶ月になると思うのでよかったらこのブログとツイートをみてみてください。

菅原優人 / Yuto Sugawara