「もうそろそろ大学受験があるけど学部が決まってない。決まっていない時は何学部に入ればいい?」

今回はこのような疑問に答えます。

この記事の内容

  • 決まっていないなら◯◯学部

僕自身大学の学部がはっきりと決まらずある学部に入ったのですが、後悔どころかいい事しかなかったです。

今回はまだ大学に入りたいけど学部が決まっていない人にオススメの学部を紹介します。

結論から言うと僕がオススメする学部は法学部です。

ではいくつか理由を書いていきますね。

1つ目の理由

とにかく時間があると言う事です。

理系に比べて文系は時間がめちゃくちゃあります。

学部が決まらず理系に入ったとしましょう。

その場合おそらく自分の時間が少なくなります。

もちろん時間は自分自身で作るものですが・・・

ただ1つ言えるのは、もし迷って理系の学部に入った場合理系以外の勉強をする時間がないと思います。

一方、文系に入った場合かなり時間があるため理系の勉強は多くできます。

もちろん遊ぶ時間も理系に比べて多くあります。

2つ目の理由

法律は将来必ず役に立つと言う事です。

法律は基本的に流れが遅いです。

どう言うことかと言うと、テクノロジーや経営戦略など時代によって大きく変化するものではありません。

法律はどんどん新しいことをやるというよりは、今までの歴史をもとに学んでいくものです。

法律は生涯変わらないため、知っておくだけで便利です。

特に民法は相続の事だったりするので、今後必ず訪れる状況に対応することができます。

迷っているなら法学部に入ってみてはいかがでしょう。時間はありますし、法律の勉強以外にも多くのことを学べます。

僕自身も法律だけでなく色々な勉強をしています。

今回は大学に入る際学部に迷ったら法学部と書いてきました。

もちろんこれが正解ではないですし、1つの選択肢として持っておくだけでいいと思います。

ぜひ自分が入りたい学部を見つけて、将来に活かしてくださいね!

今回は以上で終わります。

菅原優人 / Yuto Sugawara