実験しました。今後は自分の商品を持たないといけないかも

ラジオ番組のチラシを見て「お、出よっかな」と思い、速攻連絡して企画書を送った結果結構簡単に出れてしまったり、「テレビ出よっかな」と突然思い速攻連絡した結果テレビにも出てしまった行動力を超意識している菅原優人と申します。

行動力は自分の中で1番使える武器かもしれません。みなさんも行動しまくってみてください(超使える)。

今回は自分がSNSで実験した結果わかったことについて書いていきます。

フォロワーよりも作品

3ヶ月前からTwitterとインスタを始めて色々実験してました。それは「フォロワーはどうしたら多くなるのか」ということだったり「どういう投稿がいいね付きやすいか」だったり。とにかく多くの実験です。

1番わかったことを結論から言いますと「多分フォロワー数は重要じゃない」です。多くの人が何万人ものフォロワー獲得を狙って色々やってるんですが、「Twitterのフォロワーを増やすためにTwitterをやる」っていうのとか「インスタのフォロワーを増やすためにインスタをやる」っていうのは結構効率が悪いと思いました。

効率がいいのは「自分の商品を宣伝するためにTwitter・インスタをやる」ことだと思います。つまり何か宣伝するものが必要になるということです。

宣伝するものは自分が働いている会社の商品だったり、自分が作った作品だったり。とにかく宣伝するものが必要だと思いました。

何年か前まではフォロワーが多いだけでもよかったんですが、最近はフォロワーが多い人が増え過ぎて、多いだけでは全く機能しなくなってきたような感じがします。

じゃあ何をすればいいのかというと、自分の商品を持ってその商品を宣伝するためにSNSを使うということですかね。

自分もYouTubeをやっていますが、YouTubeは宣伝するためのもので、「YouTube1本でやっていく」ということではありません。

今後確実にYouTubeは今のテレビみたいな感じになると思います。やっぱり広告費だけでは無理そうです(ほとんどの人の広告単価は落ちていくので)。

なので今自分は「自分の作品」を3個作ろうとしているんですよね。作品を作ってその作品のためにSNSを使っていくっていう感じです。

Twitterのフォロワーを増やすためにTwitterをやってみたら、面白いことにフォロワーが全く機能しません。フォローしてくれてるのに全員が毎回いいね押してくれるわけではないんですよね。

なのでまずは自分の商品はなんなのか考えながらSNSを使っていったほうがいいのかなーと思いました。

前は商品なんかいらなかったんですが、今後は商品が必要になると思います。

ということで菅原が実験した結果を書いてきました。もちろん「それは違うな」と思う方もいると思うので、その方はなんらかの方法でやってみてはいかがでしょうか。どっか隙はあるはずです。

なので今回書いたことはあくまで「実験した結果自分はこう思いました」ということです。参考にしてください。

今日は動画を撮ろうと思います。もうネット上に本名・顔・声を出すことが当たり前になり、全く躊躇しなくなりました。慣れってすごい。

ということで今回は以上でございます。みなさんいい1日にしてください。それでは。

菅原優人 / Yuto Sugawara