当たり前ではない。時代によって違うな

おはようございます。最近は4時ぐらいに起きて空気を吸うことが日課になっています。朝は気分がいいので最高です。

ということで今回は時代に合わせないといけないなと改めて思ったのでそれについてです。

常識は常識ではない

世の中には常識というものが存在します。その常識は時代によって異なり、どんどん変えていかなければなりません。

今の時代で言うならばプログラミングをやっているとして、何か作りたいと思った時に1から全て自分で作るのではなく、グーグルに存在するベースのコードを拾ってきてそこに付け加えるみたいな感じです。

前は1から作ることが当たり前だったわけですが、今は情報が大量に落ちているのでそれをかき集めて作ることができます。

その他にも何かサービスを出す上で10年前の戦略を使うのではなく、時代にあった戦略をとっていかなければなりません。

しかし、時代に対応するもしくは新しいことをする時に厄介な敵が現れます。それが自分より上の世代です。おばあちゃんもそうだし親もそうです。

上の世代の人たちは自分の時代のことをどうにかして正解にしたいんで、新しいことよりも自分たちが体験してきたことを優先して話してきます。

もちろん全てが間違っているわけではないですが、全てに対して同意するのは将来怖いです。昔の当たり前は今の当たり前ではなくなり、常に進化し続けています。

というわけで、これを理解しながら行動していかないと時代についていけないなといつも思っております。

もちろんアドバイスをもらえるのは嬉しいですが、そのアドバイスが時代にあっているかどうかを自分で考えなければいけません。

今この瞬間も常識は変わっていますし、対応力はかなり重要だなと思ったという話です。

今の日本は高齢化が進んで、同じ年代を生きてきた人が多いのでその人たちに流されるだけでは今後が怖いので自分なりに答えを見つけ続けようと思います。

今回は時代が中心の話ですが、時代以外にも多くの常識が存在するので、当たり前と言われていることこそ「本当なのか?」と疑うことが重要だと思います。

今日はかなり天気が良くて外で遊びたいですな。最近は外で遊ぶことが少ないんで、今後たまには遊ぼうと思います。まだまだコロナのニュースが多いですが、どうにかして気分を良くしていこう。

それでは。

菅原優人 / Yuto Sugawara