こんにちは。最近かなり体感時間が短くなってきています。歳をとるにつれ短くなるのに今の時点でこの速さは異常です。まずい。

ということで今回は「やっときたなー」と思ったのでそれについてです。それではどうぞ。

差別化

自分の記事内容はほとんどが「自分について」なんですが、自分について書いていると結構周りと差別化できてるなーと前から思っています。

1年前ぐらいまでは「役に立つ記事」のみが人気になり、「個人的な記事」は全く読まれませんでした。しかし、どんどん正しい情報が溢れかえったのでみんなそれだけではつまらなくなったわけです。

今は「役に立つ情報」よりも「個人的な記事」の方が面白いんで、だんだん「個人的な記事」が逆転してきています。これを最近実感してきました。

前までは多くの人がSEO対策を重視して記事を書いていたんですが、今はSNSを使った記事が中心になってきて、ファンを作りやすくなったなーと思います。

これからAI時代に入るため大きく世の中が動き始めていますが、AIが出れば出るほど「役に立つ情報」は価値が下がります。役に立つ情報は誰でも作ることができるので、差別化させるためには「誰が書くか」ということがかなり重要になってきます。

例えるなら「女性が書いた手紙」よりも「好きな女性が書いた手紙」の方が価値が高くなるようなものです。女性が書くことは誰でもできるので、差別化するために「好きな女性」にならなければいけないわけです。

今でも多くの人が「役に立つ情報」でお金を稼いでいますが、今お金にならない「意味がある情報」の可能性は計り知れないなーと思い自分は少しずつシフトしていってます。正解が出れば出るほど不正解の価値は上がっていくので、今後も一気に不正解の方に賭けていくぞー。

というわけで多くのAIが出ればかなり時代が変わっていき、自分自身にポイントが入るようにしていかないといけないなーと思ったという話でした。今後も「どう意味をつけるか」を考えまくってどんどん失敗していきたいと思います。

YouTubeでコナンが観れるようになってから観まくってますが、やっぱコナンは面白いですね。もうテレビでは観ないと思います。

今回はここまで。それでは✋

菅原優人 / Yuto Sugawara