自分で自分を活かし、暇を提供

こんちゃ。ゲーミングベッドというものが生まれるこの時代に生きれていることを誇りに思います。時代ごとに多くの問題がありますが、昔に比べてかなり世界が豊かになったなと思います。今後さらに豊かになることが想像できません。

今日は「暇」が増えていくこれからの時代に、どう暇を提供するかを考えています。多くのエンターテイメントが出てきている今の時代に周りのエンターテイメントとどう差別化するかはかなり重要なことだと思うので。

どれだけ多くのエンターテイメントが出てきたとしても勝つ方法があります。「それは自分にしかできないことをする」ことです。ここでいう自分にしかできないということは、「周りと違うことをする」ということではなく「〇〇(自分)だから良いよね」と周りに思われることです。

つまり「女性だから良い」ということではなく「好きな女性だから良い」って感じです。多くの人が真似できるものだとしても。自分自身は唯一無二なんで、「自分だから良い」というものを作れば良いということです。エンターテイメントは1つではないので、小さい規模だとしてもファンを作ることができれば良いってことですね。

ってこと何を使って暇を提供するかってことなんですが、とりあえずラジオ派やろうと思います。というか前にやっていたんですが、それよりもやりたいことができたんでやめてました。これから始めようと思います。ラジオの良いとこはながら聴きできることなんで可能性があって面白いです。

ということで今回は終了でございます。それでは。

菅原優人 / Yuto Sugawara