自分にとって低評価はいいものでしかない。だけどゴミでもある

どうもこんばんは。って言っても今2時だからおはようですかね。今日初めてYouTubeの動画に低評価が付きました。

最高です。ありがとうございます。やっと低評価が付いて誕生日より嬉しい気持ちになってます。

っていうのもおそらく何もないより低評価があった方が今後拡散されやすいんですよね。

感情が動いたってことなんでもしかすると高評価よりも価値が高い可能性がある。

ってなわけで最高の気分になってます。低評価してくれた人あざす!

今日は久しぶりに普通の絵を描きました。いい感じじゃない?(自分で言うタイプ)。

いつもはこんな感じのステンドグラス絵を描いてるんで結構違いあるなと思います。というか違いますね。

久しぶりに普通に描いたんですげー楽しくなりましたわ。

いつもステンドグラス絵描いてると当たり前ですけど飽きてくるんですよね。なんで今後もたまにはこういうやつを描いていこうかなと思います。

ってことで話を変えますが今回は「低評価」について書いていこうと思いますわ。

今ネットで低評価貰って「こいつうぜー!!!」ってなってる人は読んでみてはいかがでしょうか。

低評価ってさ

個人的に思うことを結論から言うと、低評価はいい言葉で表すと「自分の成長」、悪いように表すと「ゴミ」だと思うんですよね。

いい言葉の「自分の成長」に関してはわかると思います。低評価をもらうことによって自分が改善し、成長できるっていう。

もちろんこれもいいんですけど、個人的にはゴミの方が強いなと思いますね。

もちろんどんだけ高評価があるかにもよるんですけど、低評価って自分のことが嫌いとかが理由じゃないですか?

そう考えるとその人たちに時間を暇はないんですよね。

低評価を気にすることによって無駄な時間が増えるんでつまりゴミと言うわけです笑。

おそらく今のSNSで低評価があるのはYouTubeだけだと思います。

このnoteにはないしツイッターにもインスタにもありません(noteってまじでみんないい人じゃね?いつも思う)。

まあ低評価ボタンがないだけで低評価コメントはありますけど、それらはそべてゴミなんで気にしても「これゴミだな笑」って思っとけばいいのかなと思うんですよね。

とりあえずなんか長くなりそうなんで今回書き残したかったことをまとめますが、結論「低評価はゴミ」です。

個人的には低評価が欲しいんですけどもね。一番嫌われた人ってなんか魅力があるんで。

ってな感じで今回はこれだけにしときます。とりあえず今日はまた絵をかこーっと。

絵って面白くない?描いたことがない人もたまには描いてみてくださいな。

それでは解散。

菅原優人 / Yuto Sugawara