みんなこの気持ちが必要ですね。なんで送ってきたんだ?

こんにちは。小学校の時の得意科目は体育と図工だったのですが、今となっては何もできなくなってしまいました。体は動かないし、センスがある作品も作れません。なんか身につけやすい特技はないでしょうか。

ということで、今回はいとこから「電車・バスが混み合っているときは、譲り合いの精神が大事」だと急に送られてきたので、これを自分に活かしたいと思います。いとこは何を考えてこれを送ってきたのか。

譲り合い

毎日平日は電車・バスが混んでいます。特に都心の満員電車は異常です。自分が持っているバッグはいつも頭の上にあります。

こんな状況では身動きをとることすら大変ですが、いとこは譲り合う精神が重要だと思ったらしいです。いい人ぶってますね。

まあ言っていることは正しいので、譲り合う精神はみんな持っていなければなりません。いとこは譲ったようです。(マジでなんでこんなこと送ってきたんだ?)

さ、ここから自分に活かしていきますが、活かせそうなことは「自分自身がきつい・辛い時こそ周りを見る」ということです。

電車・バス内では自分のことを一番に考えがちですが、そんな時は周りを見て「この人たちも頑張ってんのか」と思うことができれば、少しは頑張れそうです。

これを他のことで例えるなら、勉強とか仕事とかですかね。勉強とか仕事は楽しめない時が必ずあるのでそんな時こそ周りの人を見て「頑張ってやろう」と思うようにしていきます。

勉強とか仕事以外にもなんかで活かせそうなのでいつか使おうと思います。めちゃくちゃ単純なことでしたが単純なことを思い出させてくれたいとこには何かしらの褒美をやろうと思います。

というわけで「自分がきつい時は周りを見る」という話でした。こんな感じで毎日転用しているのでよかったら今後も見てください。

今日は雨が降っていますが、自分は雨が好きなんで落ち着きます。まあ雨が好きと言っても外には出たくないですけど。雨が嫌いな人は天気の子っていう最高の作品を観てください。きっと雨が今よりも好きになるでしょう。

それでは。

菅原優人 / Yuto Sugawara