こんばんにちは。やる気を出すときはいつも音楽を聴いてテンションを上げています。(カイジのBGM(END TITLE)は最高ですよ)

やる気を出すということはやる気が出ない状況にいるということです。今回は「やる気が出ないとき」、「やることがあるけどやれないとき」は自分の責任ではないということについて書いていきます。

結構多くの人が自分の責任だと感じていると思うので、それを解決できたらなーと思います。それじゃどうぞ。

責任は

まず結論から言いますが全て自分の責任ではありません。宿題ができないのも、勉強が捗らないのも全てです。

じゃあ責任は何にあるのか。それは環境です。自分は何も悪くないのです。全て環境に責任があります。

こう言うと「いや、自分の責任だろ」と言う人が必ず現れますが、そう言う人はほっときます。話を戻しますが、環境の問題です。

人間はどれだけやる気が出て、集中力が上がっても、一生続くことはありません。つまりみんな限界があるんです。その限界がくると当然自分自身の力ではどうにもできなくなります。

そのため1番頼るべきは環境になります。環境を変えて、自分を変えるのです。例えば家で勉強をやっていたとして疲れてきたら今いる場所を離れて今よりも捗る場所に移動します。(とにかく違う場所)

他人から見られる飲食店とか、カフェとか。こう言う環境に自分を置くことによって自然に勉強が進みます。場所さえ変えればストレスもないのでかなりいいです。

外でなくても家で毎回場所を変えまくっていると今までよりも集中することができます。ぜひやってみてくださいな。

では

今回は簡単に環境を変えると自分もかなり変わると言う話をしました。効果あるので今集中できていなければやってみてください。自分も今から場所を変えて始めます。それでは。

菅原優人 / Yuto Sugawara